子供

​​小児歯科

多くの歯は生え変わり大人の歯となりますが、かみ合わせに大事な奥歯、見た目を左右する前歯は早ければ小学一年生頃には生えてきます

この時期に適切な習慣、成長をさせてあげることはその後の人生において歯、口腔内を決定づけると考えています

 

​​将来の健康と噛み合わせのために

『生え変わるので』

『こども歯は生え変わるため、虫歯になっても』

乳歯(子供の歯)の健康状態は永久歯(大人の歯)に生えかわってからの口の中の健康に大きく影響するため、早い段階から細菌叢のコントロールが必要です

乳歯の時期から正しい歯ブラシや

噛み合わせを考えることは、将来の健康状態はもちろん、正しい歯並びや噛み合わせへと成長できます

 

​​フッ素+シーラント

フッ素塗布
フッ素には、歯を丈夫にして、むし歯に定期的に歯科医院でフッ素塗布をしてお子さんの虫歯を予防しましょう
シーラント
シーラントは奥歯の咬み合う部分の溝にプラスチックを埋め込んで、虫歯予防しようという方法です

 
幼稚園で子供たち

​子供の時期からの矯正は必要か


子供の成長が早いのと同時にお口の成長も最も活発で変化の大きいです

成長するにつれ、子供の口の中は様々な変化をします

この成長の変化に合わせ正しい口の中だけでなく顎と周囲の筋肉のバランスを考え整えてあげることで将来の健康な歯並びや咬合を期待できるます

時期的には大人の歯が生えそろうまでが目安です