IMG_4129.JPG

impant

​インプラント

不幸にもなくなったを補うためにはどうするか
入れ歯、ブリッジなどの従来の方法もありますが今行われている体に優しい治療法はインプラント治療です
人工の歯根が顎の骨に固定されているので、自分の歯と同じようにしっかり噛めるようになります
しかし、手術による治療になるので、全身管理を行ったアプローチが必要です。当院では、インプラントの専門医として長年の臨床経験と臨床実績に基づいた安心・安全なインプラント治療を実践しています

 
img05 インプラント ノーベル.jpg

​​インプラントとは

顎の骨に人工の歯根を埋め込み、歯を作ることです

インプラントは3つの部構造で成り立ちます
フィクスチャー(人工歯根)という顎の骨に埋め込むもの、アバットメント(連結部部)という、
歯とインプラントを繋ぐもの、そして人口歯(上部構造)です
自分の歯と同じように噛むために患者さんの骨、お体全体の状態を考えて、治療を行います

 

何が必要か

​​安心・安全が大前提

​通常のむし歯治療では行わない外科治療が求められます

患者様により適切な治療を受診いただくために、口腔外科のトレーニングが必要で、全身の健康状態を考慮した上での診断を行い、適切な取り組みで手術を行います

よしざわ歯科医院で導入しているインプラント技術は診査・診断をコンピュターによる分析を取り入れることで従来の治療法と違い患者さんの負担の少ない治療を実現しました

 

​​インプラント治療の利点

グルメ・食事

​​咀嚼機能の回復

​自然な噛み心地

プルメリアの花

​​審美機能の回復

​​他の治療と違い見た目の回復度は自然に一番近い

​話しやすさ 着け心地

​​外れることはないので着けていることを感じさせません

会話

​​周りの歯をきずつけません

​​入れ歯やブリッジの様に周りの歯を削ったり負担にはなりません

自然医学
 

従来の治療法では、必ず他の歯に助けを求める方法(入れ歯、ブリッジ)で治療が行われますが、これでは残った歯に負担をかけることになる上に、さらには健康な歯を削らなければならないこともあります

インプラント治療は抜いた歯の部分のみの治療となるため周りの歯を削ることはありません

つまりインプラント治療の最大の目的は、

残された自身の歯を守り、口腔機能を正常な状態にすることにより、健康を取り戻すことにあります

四十年前にインプラント(人工歯根)はスウェーデンで研究されてから

日本でも数々の先人歯科医よって使用されてきました

私もインプラント治療に関して約十年前に初めてその治療法を見た時から

今現在に渡って研鑽を積んできました

歯のない所に変わりに歯の形状をした根っこを入れその後歯を入れるこのインプラント治療法は

かなり高度な技術が必要です

​​きちんと埋入されたインプラント程、本来の噛み心地を回復させる手段は他にありません

当院では最新のコンピューター分析の手法を取り入れ事前にしっかりシミュレーションを行うことで一度しかない歯の代わりをいれるお手伝いを確実かつ安全で提供したいと考えています​

 

お問い合わせ

送信が完了しました。

IMG_3663.JPG