top of page
  • 執筆者の写真吉澤

治療後のメインテナンス🦷🪥✨(詰め物を長く使うコツ…)


★治療後も歯科に通わないといけないの?

高い精度で製作した「つめもの」も、素材の摩耗や接着剤の劣化、歯ぎしり・食いしばりといった生活習慣など、さまざまな要因から「隙間」が生じることがあります。この隙間からプラーク(歯垢)が入り込み、むし歯の再発を招くほか、つめものが取れやすくなるため、早めの発見やケアが重要なのです。



★もしも取れてしまったら…

取れてしまったつめものは再び付けられる可能性がありますので、そのまま歯科にご持参下さい。

また、詰め物が取れたままでいると、そこにプラークや食べかすなどの汚れがたまって、むし歯のリスクが非常に高くなります。詰め物が取れた場合は、早めに歯科医院で診てもらいましょう。




詰め物は、残念ながら永久的に使えるものではありません! しかし、日頃から歯科医院でチェックを受けていれば、長く安全に使うことができます。

細かな異常はご自身で気付けない事が多いもで、ぜひ定期的にメインテナンスを受けて下さい!


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page