top of page
  • 執筆者の写真吉澤

歯石取りの重要性❗️🪥

皆さん歯石を定期的に取っていますか?

なぜ歯医者で歯石取りをするのか、その理由と重要性についてお話しします!


【歯石取りを定期的にやった方が良い理由】


①歯周病の進行を防ぐため


歯石は歯ブラシで落とすことができません。そのため、歯石のザラザラした表面に入り込んだ歯周病菌が歯茎に対し、常に悪さをし続けることになります。歯石を取らないでいる限り、歯磨きを頑張っても、歯茎は炎症を起こし続けて歯周病がどんどん進行してしまいます。


②口臭の原因になる


歯石が付着していると、ザラザラした表面に汚れや細菌が付きやすくなります。歯に歯石が付くと周囲の歯茎は腫れ、歯茎の回りの歯垢や歯茎から出る血液や浸出液によって口臭が出やすくなり、歯と歯茎の溝に歯石が溜まると歯茎が腫れ膿が出てきます。膿が出てくると口臭の原因になります。歯磨きを頑張っても、口臭の原因は取り除けず、対人関係にも悪影響を及ぼす危険性があります。


③全身の病気を引き起こすことがある


歯石が付着していると歯周病を悪化させます。歯周病菌は血管の中に入り込んだり、呼吸器から肺の方へ行ってしまうことで、心臓病、脳梗塞、糖尿病、肺炎などの病気を引き起こすことがあるんです。

体の健康はお口の環境の良し悪しにかかっていると言ってもいいほどです。

歯石取りの間隔は、一般的には3ヶ月に1度くらいが目安になります。

ただし、歯周病が重度の場合や、非常に歯石がたまりやすい方には、

もっと短めの間隔でおすすめすることもあります。歯石は放置するほど硬くなって取りにくくなるので、歯石取りの時に不快に感じやすくなります。


そうなる前に、あまり間隔をあけずに定期的に歯石取りを行いましょう!🪥


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page