top of page
  • 執筆者の写真吉澤

歯周病ってどんな病気❔

【歯周病】は歯茎が腫れたり、歯を支えている骨が溶けてしまう病気です。

「骨」と聞くとビックリされる方もいますが、歯茎のすぐ下には歯を支えている顎の骨があります。

歯を支えている骨が溶けてしまい、歯がグラグラになってしまうのが歯周病です。


その歯周病になる原因は、主に2つあります。

①歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊

歯垢は、細菌などの塊です。歯の表面に付いている白色や黄白色のネバネバした物です。

歯磨きをしてから時間が経つと口がネバネバするのは、細菌が増えているからです。

なんと、歯垢1mgには10億個の細菌がいる言われています。


②歯にかかる強い力

人によっては歯ぎしりをしたり、知らないうちに一部の歯に負担が強くかかっているケースがあります。負担が強くかかっている歯は、歯周病が進行しやすくなります。







閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page