top of page
  • 執筆者の写真吉澤

口呼吸に注意❗️⚠️

こんにちは!


花粉で目が痒くなったり、鼻詰まりなどにお困りではありませんか?


鼻詰まっているとついつい口で呼吸してしまうと思います💧

口呼吸がなぜよくないのかをお伝えしていこうと思います!


【口呼吸のデメリット】


①口腔健康への影響

口を通して呼吸すると、口内が乾燥しやすくなります。

これは唾液の分泌を減少させ、結果的に虫歯や歯周病のリスクを高める原因となります。

唾液には口内を清潔に保つ役割があり、その量が減ることで細菌の増殖を助けてしまうのです。

そのため、汚れがつきやすくなったり口臭の原因にもなります。


②風邪や感染症、アレルギーを引き起こしやすくなる

鼻には、空気清浄機のような効果があるので外部からの汚れやウイルスを排除して、綺麗な空気が身体の中に取り込まれます。

口から呼吸すると排除してくれる効果はないので、そのまま身体に悪い空気が入ってしまい風邪を引きやすくなります。


③顔貌への影響

長期間の口呼吸は、特に子供の成長期において、顔の骨格に影響を与えることがあります。これは、顔貌のバランスを崩し、咬合問題を引き起こす可能性があります。

通常、舌は上顎に舌全体が吸い付いている状態が正しい位置とされています。

口呼吸が癖となって舌の位置が下がり、舌で歯を内側から押してしまうことで、出っ歯や受け口の原因となる場合があります。


【口呼吸を改善する方法】


①鼻詰まりを改善させる

鼻が詰まっていると、どうしても口呼吸になってしまいます。

鼻詰まりがある方は、まず耳鼻科を受診し鼻の治療から行いましょう!

②口周りの筋トレ

元々口呼吸をしている方は、子供の頃から口周りの筋肉が衰えている場合があります。

「あいうべ体操」や「舌回し」など、口の筋肉を筋トレしてあげる事で、改善する事があります!


今回のお話で、自分やお子さんに当てはまっているなと思った方!是非一緒に原因を探し、改善してみませんか?お待ちしております😌


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page